ダイエット

バランスボールサイドレッグリフト|腹斜筋を効率的に引き締めのくびれ筋トレを解説

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

腹斜筋に効果の高いバランスボール筋トレであるバランスボールサイドレッグリフトについて動画つきで解説します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■バランスボールサイドレッグリフトが効果のある筋肉部位

●腹筋群の英語名称・構造・部位詳細・起始停止

abs_20180406214744a92.jpg

読みかた:ふっきんぐん
英語名称:abdominal muscles
部位詳細:腹直筋外腹斜筋内腹斜筋腹横筋
起始:恥骨稜・恥骨結合・恥骨結節第5~12肋骨外面胸腰筋膜深葉・上前腸骨棘・鼡径靭帯・腸骨稜第7~12肋軟骨内面・鼡頚靭帯・上前腸骨棘
停止:剣状突起・第5~7肋軟骨外面鼡径靭帯・腹直筋鞘前葉・腸骨稜外唇第10~12肋骨下縁・腹直筋鞘・精巣挙筋剣状突起・白線・恥骨

バランスボールサイドレッグリフトは外腹斜筋とない腹斜筋に効果の高いバランスボール筋トレ種目で、二次的に脊柱起立背筋にも効果があります。

GLFITトレーニングギア

■バランスボールサイドレッグリフトの動画とやり方

動作のポイントは上体が前や後に傾かないように、しっかりと背すじを伸ばして行うことです。また、セット中は足が床につかないように気をつけましょう。

■バランスボールトレーニングの特徴と反復回数

home-fitness-equipment-1840858_960_720.jpg

バランスボールを使ったトレーニング・エクササイズの最大の特徴は、その不安定な動作のなかで身体のぐらつきを抑えることにより体幹深層筋=インナーマッスルが鍛えられることです。

また、インナーマッスルは負荷の低い持続的な動作のなかで効率的に鍛えられますので、バランスボール筋トレは15~20回の反復動作で限界がくるような負荷回数設定が適切です。

このほかにも、バランスボールの反発力を筋力の補助に使ったり、逆に負荷に使ったりする種目や、回転力を利用したトレーニング方法もあるのが特徴です。

■おすすめのバランスボール

バランスボールは安価なものではなく、アンチバースト仕様のスポーツブランド製のものがおすすめです。サイズは直径65cmタイプが標準ですが、身長が低めの女性の方には55cmタイプをおすすめします。

▼おすすめのバランスボール

実際にジムで採用しているバランスボールはこちら

スポンサーリンク

■女性におすすめのトレーニンググッズ・器具

実際に筆者の運営するジムで使用している、女性のトレーニングにおすすめのグッズ・器具類をご紹介しているのが下記の記事です。ぜひ、ご活用ください。

▼女性におすすめのトレーニンググッズ・器具

女性におすすめのダイエット筋トレグッズ|実際に使用しているトレーニング器具もご紹介

■バランスボールダイエットの総合記事

女性のバランスボールダイエット|簡単な自宅トレーニングエクササイズのやり方


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳