食事メニュー

【筋トレ向き!ふわとろオムライスの作り方】あれを入れると美味しくとろっと破れずできる

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット
20170819082125944.jpg

ふわとろオムライスの上手な作り方を解説します。一般的に卵に牛乳を入れるとよいとされますが、それよりも、あるものを入れることでもっとトロッと美味しく、さらに破れにくくなります。オムライスはタンパク質も豊富で、筋トレあとの食事としても最適です。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■ふわとろオムライスの材料

●ハム・たまねぎ・ピーマン・卵・ご飯

20170819081852940.jpg

ふわとろオムライスの材料は、ハム・たまねぎ・ピーマン・卵・ご飯といたってシンプルです。ライスはケチャップベースになりますので、トマトの酸味に風味があうハムとピーパンを使うことをおすすめします。

GLFITトレーニングギア

■ふわとろオムライスの作り方

●まずは具を炒める

20170819081908689.jpg

まずは、フライパンで具のハム・たまねぎ・ピーマンを炒めていきます。下味は、塩コショウだけでも美味しいですが、砕いたコンソメを入れると味がワンランクアップします。

●具を炒めたらライスを入れて味つけ

20170819081925356.jpg

具を炒めたら、ライスを入れて炒めながらケチャップで味つけをします。パラパラにするために、ご飯を縦に切るように混ぜていくのは料理の基本ですね。

20170819081941769.jpg

ライスが炒め終わったら、お皿に盛り付けます。

●水溶きかたくり粉を入れて溶き卵を作る

20170819081957408.jpg

次は、いよいよ卵作りです。少量の水で溶いたかたくり粉を用意します。このかたくり粉がとろみを倍増させるとともに、粘りが出て卵を破れにくくします。

●中央に寄せながら卵を焼くのがポイント

20170819082015276.jpg

かたくり粉入りの溶き卵ができたら、フライパンを熱して卵を流し込んでいきます。

20170819082033667.jpg

焼くときに失敗する典型例が「卵をかき混ぜてしまう」ことです。これをすると卵が足りなくなり上手にふわとろ卵が焼けません。

写真のように、端から中央にむかって卵を寄せるようにして焼いていくのがコツです。

20170819082050262.jpg

出来上がりました。焼き加減のポイントは、「まだ早いかな?」と思うタイミングで火を止めることです。卵は固まりやすく、余熱で予想以上に焼けてしまいます。

20170819082110181.jpg

ふわとろ卵が焼きあがったら、先ほどのライスに乗せて完成です。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳