食事メニュー

【筋トレダイエットには豚しゃぶがおすすめ】季節野菜と組み合わせた簡単料理レシピをご紹介

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

20170903051132486.jpg

豚しゃぶはタンパク質とビタミンBが豊富で、筋トレだけでなく減量・ダイエット時の食事としてもおすすめのメニューです。その理由は適度切な脂質を含んでいるため、炭水化物をカットしている時期には腹持ちがよいことです。その作り方レシピをご紹介します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■豚もも肉のカロリー・栄養素

●高タンパク質でビタミンB類が豊富

20170903051153509.jpg

こちらが、今回ご紹介する「夏野菜の豚しゃぶ」の材料です。そのタンパク質源である豚もも赤肉のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:128kcal

タンパク質:22.1g (88.4kcal)

脂質:3.6g (32.4kcal)

炭水化物:0.2g (0.8kcal)

豚もも赤肉は、高タンパク質で程度な脂質を含んでおり、筋トレ増量期にはご飯とともに、減量・ダイエット期には単品で摂取すると理想的な食事になります。

GLFITトレーニングギア

■豚しゃぶが筋トレによい理由

●余分な脂質を落とせる

まず第一の理由として、お湯をくぐらせることにより、豚肉の脂身に含まれる脂質を大きく落とすことができます。

特に、ダイエット筋トレ時の食事としては非常に大切なことですね。

●ビタミンB群が豊富

豚肉は鶏肉や牛肉に比べると、ビタミンB群の含有量が多いことが特徴です。

ビタミンB群はタンパク質・糖質・脂質いずれの代謝にも重要な物質で、豚肉に含まれるビタミンB群をしっかり摂取することで、新陳代謝が活発になり基礎代謝カロリーも向上します。

●野菜をたくさん摂取できる

豚しゃぶは、基本的に野菜サラダと一緒にいただきますが、食物繊維の豊富な野菜をたくさん食べることで、物理的な満腹感が得られるだけでなく、ダイエットに起こりがちな便秘対策にもなります。

■豚しゃぶの作り方

●サラダに乗せてトッピングするだけ

20170903052403436.jpg

まずは、サラダを準備します。今回はカット済みのサラダセットを使用しました。

20170903051223518.jpg

豚肉をしゃぶしゃぶする時は、しっかりと赤味がなくなるまで茹でるようにしてください。

20170903051243546.jpg

夏野菜(パプリカ・シシトウ)を軽く茹でます。

20170903051132486.jpg

後は盛り付けて完成です。

筋トレ増量期にはビタミン・ミネラルの多いゴマダレ、ダイエット・減量期には低カロリーのポン酢でいただくのがおすすめです。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳
※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。