食事メニュー

【筋トレにおすすめ餃子ハンバーグ】豚ヒレ肉とササミで作るダイエット料理レシピ

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

筋トレ、特にダイエット系筋トレと餃子の相性はあまりよくないのですが、減量中にかぎって食べたくなるのが餃子です。そこで、今回はダイエット中に食べても大丈夫な餃子ハンバーグの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク



GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■豚ヒレ肉とササミのカロリー・栄養素

●どちらも高タンパク質低カロリーでダイエット向き

こちらが、今回のメイン材料の豚ヒレ肉と鶏ササミ肉です。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○豚ヒレ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:115kcal

タンパク質:22.8g (91.2kcal)

脂質:1.9g (17.1kcal)

炭水化物:0.2g (0.8kcal)

○鶏ササミ肉のカロリー・栄養素

エネルギー:105kcal

タンパク質:23g (92kcal)

脂質:0.8g (7.2kcal)

炭水化物:0g (0kcal)

いずれも、非常に高タンパク質低カロリーで、筋トレに最適な肉類であることがわかります。また、複数の肉類を組み合わせることでアミノ酸スコアも向上し、さらにダイエットに有効となります。

GLFITトレーニングギア

■餃子ハンバーグの作り方

●皮を使わずに具だけを焼く

まずは、豚ヒレ肉と鶏ササミ肉をフードプロセッサーでミンチにしていきます。

市販のミンチは、かなり脂身が多いのでダイエット中にミンチを使うときは、かならずブロック肉から作るようにしましょう。

豚ヒレと鶏ササミのミンチに、刻んだモヤシとニラを加えて塩コショウをし、しっかりとこねていきます。

モヤシは野菜類のなかでは圧倒的にタンパク質が豊富ですので、筋トレに最適な野菜と言えます。

餃子の具をハンバーグ状に整えて焼いていきます。今回は風味を考えてオリーブオイルを少量使いましたが、本格的な減量時にはテフロン加工のフライパンで、油を使わずに焼くことをおすすめします。

出来上がりました。あとは餃子のタレをかけるだけで、まるで餃子を食べたような満足感が得られます。

ダイエット中に、どうしても餃子が食べたくなったら、是非お試しください。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。