食事メニュー

【筋トレむき牛すじ&ちくわぶ】良質タンパク質+炭水化物でバルクアップ

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

関東地方以外では馴染みの薄い「ちくわぶ」ですが、実は良質な炭水化物として牛スジなどの高タンパク質低カロリー食品と組み合わせると、格段の筋肥大効果があります。

筆者の暮らす地域でも、ちくわぶを見ることは少ないのですが、希にスーパーなどに入荷することがあります。今回は、偶然にもちくわぶを入手できたので、その調理例をご紹介します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■ちくわぶと牛すじのカロリー・栄養素

●いずれも良質な筋トレ食品

こちらが、今回の材料の、ちくわぶ・生牛すじ・ボイル牛すじ・焼き豆腐・ゆで玉子・ネギです。まずは、ちくわぶ100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

○ちくわぶのカロリー・栄養素

エネルギー:171kcal

タンパク質:7.1g (28.4kcal)

脂質:1.2g (10.8kcal)

炭水化物:31.1g (124.4kcal)

脂質が少なく、植物タンパク質を含む良質な炭水化物食品で、バルクアップ時の筋肉合成カロリーとして最適と言えるでしょう。

次に牛すじ100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

エネルギー:155kcal

タンパク質:28.3g (113.2kcal)

脂質:4.9g (44.1kcal)

炭水化物:0g (0kcal)

牛すじは、かなりの高タンパク質低カロリーで、非常に優秀な筋トレタンパク質食品と言えます。

実は、ちくわぶと牛すじを同量組み合わせた場合、タンパク質:カロリーは約1:2となり、筋肥大の栄養素バランスとして黄金比率になります。

GLFITトレーニングギア

■ちくわぶと牛すじの煮物の作り方

●最後にちくわぶを入れゆっくり味を染み込ませる

まずは、生牛すじを炒めていきます。やや焦げ目がつくくらい炒めると煮崩れを起こしにくくなります。

続いて、ボイル牛すじも加え、生牛すじの風味を移します。ボイル牛すじは、脂身がほとんどないので、とても筋トレむきです。

材料を鍋に入れて、コトコトと煮込んでいきます。

ちくわぶは、強火で加熱すると溶けてしまうので注意が必要です。

先に、ちくわぶ以外の具材を煮込み、仕上げにちくわぶを入れて、ゆっくりと弱火で味を染み込ませることをおすすめします。

関東地方以外の方も、スーパーなどでちくわぶを見かけたら、是非ともチャレンジしてみてください。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳
※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。