食事メニュー

【筋トレ後にいきなりステーキ】タンパク質吸収のゴールデンタイムを大切に

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

筋トレ後にいきなりステーキを食べるのは、タンパク質吸収のゴールデンタイム=トレーニング終了後30分以内という時間を考えると、筋肥大・バルクアップには非常に有効です。

筋トレ後に速攻で作れて、なおかつ格安肉でも美味しく食べられるステーキの作り方をご紹介します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■牛赤身肉と鶏もも肉のカロリー・栄養素

●どちらも高タンパク質低カロリーで優秀

こちらが、今回の材料の牛赤身肉・鶏もも肉・レトルトカレーです。牛赤身肉・鶏もも肉それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○牛赤身肉のカロリー・栄養素

エネルギー:140kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.6g (41.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

○鶏もも肉(皮なし)のカロリー・栄養素
エネルギー:116kcal
タンパク質:18.8g (75.2kcal)
脂質:3.9g (35.1kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

どちらも高タンパク質低カロリーで、非常に優秀なタンパク質食材だと言えます。

また、レトルトカレーをソースにすることで、格安肉でも美味しくいただけます。

GLFITトレーニングギア

■筋トレ後にいきなりステーキを焼く

●フライパン一つで調理時間10分

まずは、牛赤身肉・鶏もも肉とも余分な脂身や皮は除去します。

熱したフライパンに肉を置き、塩コショウをして焼いていきます。

片面が焼けたらひっくり返し、やや火を弱くして蓋をして蒸し焼きにします。

肉に火が通ったら、クッキングバーナーで炙って風味を倍増させたのち皿に移します。

フライパンには肉汁が残っているので、ソースに利用します。

レトルトカレーを肉汁の上に絞りだし加熱します。あまり沸騰させると、せっかくのカレーの香りが飛んでしまうので注意が必要です。

カレーソースが温まったら、ステーキにかけて完成です。速攻で作れますので、是非チャレンジしてみてください。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳