食事メニュー

【筋トレ後に最適なお菓子】プリン・ババロア・レアチーズケーキが筋肥大むきスイーツ

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

筋トレを頑張った後には、甘いお菓子が食べたくなりますが、筋肥大にはタンパク質とそれを筋肉に合成するカロリーが必要ですので、適切な栄養バランスの洋菓子を食べることは問題ありません。

筋肥大に対して、特に優れた栄養バランスを持つ洋菓子を、そのカロリー・栄養素データーとともにご紹介します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■最適バランスはプリン

●玉子と牛乳のタンパク質が豊富

筋肥大筋トレに最適なお菓子・洋菓子がプリンです。玉子と牛乳に砂糖を加えた食品ですので、ほとんどバルクアップ用プロテインと変わりありません。

プリン一個100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:126kcal
タンパク質:5.93g (23.72kcal)
脂質5.54g:(49.86kcal)
炭水化物12.61g (50.44kcal)

かなりの高タンパク質で、筋合成に必要なタンパク質の二倍以上のカロリーを含んでいます。

また、脂質はただの油ではなく卵黄由来のものなので、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

GLFITトレーニングギア

■レアチーズケーキもおすすめ

●高タンパク質ハイカロリーで痩せ体型には最高

レアチーズケーキは、牛乳を主成分とするためプリンに匹敵するタンパク質があります。また、乳脂肪が多くハイカロリーなので、なかなか筋肉がつかない食の細い痩せ体型=ハードゲーナーの方には最高の洋菓子と言えるでしょう。

レアチーズケーキ一個100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:377kcal
タンパク質:5.29g (21.16kcal)
脂質:30.82g (277.38kcal)
炭水化物:18.14g (72.56kcal)

■カロリー控えめなババロア

●太りやすい体型におすすめ

レアチーズケーキはちょっとカロリーが高すぎる、と感じる太りやすい体型の方にはババロアがおすすめです。泡立てた牛乳と生クリームをゼラチンで固めたお菓子なので、かなり高タンパク質でレアチーズケーキよりはカロリーが低めです。

ババロア一個100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:218kcal
タンパク質:6g (24kcal)
脂質:13g (117kcal)
炭水化物:20g (80kcal)

■筋トレ前には和菓子がおすすめ

●皮と餡が時間差で運動カロリーになる

dorayaki.jpg

なお、筋トレ前にはタンパク質や脂質が少なく、純度の高い運動カロリーになる和菓子がおすすめです。

皮と餡には消化吸収にタイムラグがあるので、餡は筋トレ前半の、皮は筋トレ後半の運動カロリーとなり、たいへん効率的です。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳
※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。