食事メニュー

【どん兵衛肉うどん筋トレ最適化チャレンジ】タンパク質を強化して筋肥大バルクアップ向きにするレシピ

スマホ最適化サイト|高速表示低パケット

15245100131850.jpg

カップうどんの代表的なものの一つである「どん兵衛肉うどん」を筋肥大バルクアップに最適なカロリー・栄養素比率にするチャレンジを行いましたのでご報告します。



スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

■どん兵衛肉うどんと赤身牛肉のカロリー・栄養素

●組み合わせると筋肥大に最適な栄養バランスになる

15245100333335.jpg

こちらが、今回の材料のどん兵衛肉うどん・赤身牛肉・ネギです。今回使用した、どん兵衛肉うどん一食分と赤身牛肉200gそれぞれのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○どん兵衛肉うどんのカロリー・栄養素

エネルギー:391kcal
タンパク質:7.8g (31.2kcal)
脂質:16.9g (152.1kcal)
炭水化物:52g (208kcal)

○赤身牛肉200gのカロリー・栄養素

エネルギー:280kcal
タンパク質:45g (180kcal)
脂質:9.2g (82.8kcal)
炭水化物:1g (4kcal)

○合計したカロリー・栄養素

エネルギー:671kcal
タンパク質:52.8g (211.2kcal)
脂質:26.1g (234.9kcal)
炭水化物:53g (212kcal)

このように、どん兵衛肉うどんに赤身牛肉200gを追加することで、筋肥大バルクアップに最適な栄養素バランス=タンパク質:カロリー=1:2~3になることがわかります。

GLFITトレーニングギア

■どん兵衛肉うどんの筋トレ最適化

●焼肉で蓋をして作る

15245100291034.jpg

まずは、赤身牛肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

15245100254413.jpg

肉が焼けたら、細切りにしたネギを追加し、どん兵衛肉うどんに味つけに合わせて甘辛くみりん醤油で味つけを行います。

15245100216142.jpg

肉が焼けたら、パッケージに記載されている作成方法の通りにどん兵衛肉うどんを作っていきます。

15245100180551.jpg

ただし、フタは説明とは違って完全に取り除きます。

15245100131850.jpg

最後に、先ほど作った焼肉で蓋をし、5分間待てば完成です。

是非、お試しください。

■おすすめの筋トレ向き食材


実際に筆者が定期的に購入しており、高タンパク質低脂肪かつリーズナブルな冷凍タンパク質食材は下記のリンク先でご紹介しています。筋トレのバルクアップ&ダイエットに是非ご活用ください。

【筋トレにおすすめの格安冷凍食材】バルクアップやダイエットに最適

■筋トレの食事メニューなら

healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201 (1)

筋トレ食事メニュー例|筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説


▼筋トレ種目をさらに見る▼

筋トレ全種目の一覧リンク集はこちら

▼筋トレについて検索する▼
スポンサーリンク


GLFITの公式ショップでの入手はこちら
GLFITの楽天・Amazonでの入手先はこちら

執筆者:上岡岳
※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。